僕と妻の1778の物語

震災の影響で遅くまでやっていたプロ野球シーズンも終了し、お休みの日の夜が暇になってしまいました。(・∀・)

そんなときに、「TSUTAYA 旧作100円キャンペーン」炸裂!!о(ж>▽<)y ☆

ということで、借りてまいりましたのが・・・

草彅剛さん&竹内結子さん主演の「僕と妻の1778の物語」。(°∀°)b

「大腸ガンで余命1年と告げられた妻に、笑いに抗がん作用があると聞いたSF小説家のご主人が、妻を笑わせるために、1日1篇の短編小説を書き始める・・・」という実話を基にしたお話。

結果的には、1778話なので5年近く闘病生活を過ごされたのですが、奥さんが亡くなった日に「最終話」を書くご主人の姿に涙しました。(ノω・、)

このお話の原作は、「ねらわれた学園」等で知られる眉村卓さん。

実は、奥さんが通院されていたのが、私たちNHC教職員が健康診断でお世話になっている「あべの松井クリニック」さんということで、映画公開時には受付に本が並んでいて、当時から観たいと思っていた作品でした。

これから年末年始にかけて、DVDにお世話になる機会が増えそうです。( ´艸`)