【理美容コラム】理美容のお仕事を紹介!!第2弾!~専門職系~

A3F8D7B3-B499-46F4-869D-39AA50254187

大阪阿倍野の理美容専門学校、NHC(西日本ヘアメイクカレッジ)スタッフが全力でお届けする、お役立ちビューティーコラム。

前回は、【王道】といわれる美容師や理容師などのお仕事を紹介しましたが、

今回は【専門職】系の中でも美容に分類される

 

・アイリスト

・ネイリスト

・メイクアップアーティスト

・ブライダルスタイリスト

の4つの職種を紹介します!!

 

今人気が高まってきている職種なので、資格は必要??

具体的にどんな仕事内容??などお伝えできたらと思います!

 

【アイリスト】

service_img03

アイリストはみんなさんご存じかと思いますが、『まつ毛エクステ』をつけるお仕事です。

街でも、まつ毛エクステのサロンはたくさん見かけるようになりましたよね。

【マスカラ】でまつ毛を塗って濃く、長く見せる時代から、

すっぴんでも変わらないという人気で、【まつ毛エクステ】の時代となりました。

 

ただ、注意が必要なのは、誰でもなれるわけではありません!!

美容師国家資格の取得が必須なのです!!

yjimage

ですので、アイリストを目指す方は、

2年間、美容師の国家資格が取得できる美容専門学校の昼間過程に通うか、

3年間、通信課程に通って免許を取得しないといけません。

 

ただ、美容師の国家試験の内容が完全にカットやワインディングといったヘアのことになりますので、

まつ毛エクステの技術を習得するためには、別でまつ毛エクステは学ばなければいけないのです。

eye6

それって結構大変。。。お金もかかるのでは。。。???

 

そうなんです。国家資格を取得するわけですからそれなりにお金も時間も努力も必要です。

 

NHCにはとってもいいコースがあるので、ご紹介しときますね!!

 

通信課程はサロンに勤めていないと入学できないコースではあるのですが、

NHCには600時間のスクーリングに通う、サロンに従事していなくても通える

通信コースがあるのです!!

しかも、そのコースは、600時間のスクーリングの中に、アイリストになるための

カリキュラムが組み込まれているため、まさにアイリストを目指す方の為のコースです!!

社会人からアイリストを目指す方は、このコースで通う方も多いです。

興味を持った方は ご覧ください。

【通信課程600Hアイスタイリストコース】

 

ちょっと紹介が長くなりましたが、

アイリストは自分でお店を開くときの初期費用も

美容室ほどかからず、ベッド一つで施術できるという

強みもあり開業を目指す女性には人気の職業です!!

 

【ネイリスト】

line_213722124925293

このお仕事もなんとも分かりやすい!!

お客様にネイルを施す仕事です。

ネイリストは、国家資格の取得は必須ではありませんが、

日本ネイリスト協会のネイル検定を取得して仕事をしているネイリストがほとんどです。

 

ネイリストとして就職するためには

JNECネイリスト技能検定試験の2級以上、JNAジェルネイル技能検定の中級以上を

取得していることが望ましく、この検定を取得することでネイルの基礎は身につくと考えていいと思います。

main

 

ただ、ネイルの世界はアートの世界でもあります。

基本ができたからといってお客様の要望に全て答えることができるかといえば

そうではなく、日々最新のアートや流行、季節感など

アーティストとしての要素も必要です。

また、ブライダルシーンでもネイルは必要とされるため、

お客様の人生の大きな節目に関わることもできる素敵な仕事ですね!!

ネイル1

また、爪はトラブルも起こりやすい場所!!

巻き爪や、ささくれ、様々なお客様のコンプレックスや悩みを解決したり、

アドバイスしてあげるのもプロの仕事です。

貧血や内臓のトラブル等も、爪にあられることがあるため

アートだけではなく、カウンセリングや爪自体のケア、しっかりとした知識が

求められる仕事でもあります。

 

 

【メイクアップアーティスト】

_20190627_084650

 

こちらも有名な職業ですよね!!

メディアでも取り上げられたり、芸能界で活躍する人もいます!!

 

突然ですがみなさん、毎日ご自分でメイクをしますよね!?

美容室にカットやヘアカラーに行っても、

メイクをしてもらうためにどこかに行くというのは本当にまれです。

成人式、結婚式、何かの撮影など特別な時に限ります。

ですので、人気はありますが需要は多くないのが現状です。

そういった意味でも、『メイクしかできません』という人よりも、

『ヘアアレンジもメイクもできます』といった人の方が有利なため、

最近では、美容学校で、メイクもヘアも学び美容師国家資格を取得したうえで

メイクアップアーティストを目指す傾向にあります!!

 

とはいってもメイクアップアーティストは美容師国家資格の取得は必須ではありません。

しかし芸能界で専属メイクアップアーティストとして活躍したいと

思っている人は、国家資格が必須になります。

5Z8A0898

当校でも、1度美容室に就職し、何年か経験を積んだ後、

某テレビ局にもヘアメイクアップアーティストの派遣などを専属で行っている

事務所に就職し、もともとの夢であったヘアメイクアップアーティストの夢を

叶えた卒業生もいます!!

現在は、関西で放送されている情報番組や、ドラマなども担当し、

タレントさんや俳優さんのヘアメイクを担当しているそうです!!

ドラマの場合は、エンディングのテロップに名前が載りますので、

夢が広がりますね。

 

【ブライダルスタイリスト】

graduate

またまた非常に人気の職業です。

花嫁様の一番輝ける日のお手伝いをするお仕事です。

挙式の前から、何度も打ち合わせやヘアメイクのリハーサルを行い

当日はすっぴんの状態から、メイクとヘアメイクを担当します。

 

そしてヘアメイクだけではなく、アテンドも大きなお仕事の1つですので

ドレスの裾まわりを処理したり、立ったり座ったりが多い花嫁様を常に動きやすく、

キレイでいてもらうためにサポートします。

ブライダルスタイリスト

また、和装から洋装、白のドレスからカラードレスへの衣装チェンジなどに合わせて

ヘアやメイクをチェンジするのも大きな仕事です。

時間に制約がある中、メイクも衣装チェンジもヘアも担当することになるので、

大変な部分もありますが、幸せに寄り添えるまた、人生の大きな節目となる当日を

担当できるのは幸せな仕事ですよね。

 

さて、4つの職業をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか??

 

当校に入学してくる方も、美容師を目指してくる方ではなく

ご紹介したような専門職を目指してくる方が増えてきています!!

 

女性が中心に活躍している職業ですが、

メイクアップアーテイストは男性の活躍も目立つようになってきました。

アイリスト、ネイリストも男性が増えてきています。

 

美容系はお客様がどんどん新しいものを求め、目も肥えていきます。

プロである以上、お客様以上に専門性を高め、

知識、技術共に常に新しいものを吸収していく必要があります。

決して楽ではない業界ですが、

『プロにしかできないこと』

『好きなこと』 を仕事にしてみてはいかがですか??

 

次回は、このシリーズのラストになります!!

専門職のなかでも理容系(理容師免許を取得した方が有利なもの)を

特集してお伝えします!!

お楽しみに!!