オーデュポンの祈り

久しぶりの本の紹介です。о(ж>▽<)y ☆

和倉温泉に行ったときに、電車の中で読んだ本です。

出発時にJR尼崎駅構内のブックスKIOSKに寄って、「読みたいミステリー1位」という広告に惹かれて買いました。(°∀°)b

私、こういう広告にはすぐひっかかります。(・∀・)

作者は、伊坂幸太郎さん。

今まで読んだことが無いので、全然知らなかったのですが、「陽気なギャングが世界を回す」というこの人の作品が、映画化されてDVDになっていたのをTSUTAYAで見かけたことがあります。

さて物語は、摩訶不思議というか荒唐無稽というか・・・。

生活に疲れた青年がコンビニ強盗を働き、警察に捕まり連行中に事故に遭って、気がつけば見知らぬ島に。

そこには、未来が見れて言葉の喋れるカカシ、島の法律として殺人を許された美青年、嘘しか言わない画家等風変わりの人ばかりがいて、しかもその島は、江戸時代以来いまだに鎖国が続く地図にも無い島。

そして、未来が見えるはずのカカシが殺されて・・・。

という感じのストーリーです。о(ж>▽<)y ☆

一応、ミステリーなんでしょうけど、謎解きがメインという感じではありません。

カカシが喋るわけを、科学的にも否科学的にも書いてますが、科学的な方はよくわかりません。(・∀・)

ただ、このカカシ、とても優しい好青年(?)で癒されます。( ´艸`)

そのおかげで、あり得ない話ですが、全然不快感無く読んでいけます。

その他の小説も人気が高い様なので、また読んでみたい作者です。ヾ(@^▽^@)ノ