SLUM DUNK

今日もボーッとYAHOO(ヤホー)ニュースを見ていたら、実写化して欲しい漫画のベストテンが載っていました。( ´艸`)

1位に輝いたのは、井上雄彦さんの「SLUM DUNK」だそうです。ヾ(@^▽^@)ノ

ちょっと調べてみたら、もう連載が終了してから13年にもなるんですね。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

私自身、好きだったので、今でもマンガ喫茶などで時々読み返したくなるマンガです。о(ж>▽<)y ☆

ストーリーとしては、中学校時代に50人の女の子にフラレた桜木花道が、背と身体能力の高さからバスケ部の主将の妹に誘われ、彼女に一目ぼれしたことからバスケにのめりこみ、徐々にその楽しさを覚えながら全国優勝を目指すお話です。o(〃^▽^〃)o

桜木花道をはじめ、ライバルの流川楓、主将の赤木剛健、宮城リョータ、三井寿、木暮公延といったチームメイト始め、顧問の安西先生やライバルチームのメンバー等、登場人物のキャラクターが魅力的でした。

といっても、今の在校生たちは知らない?

「あきらめたら、そこで試合終了だよ」、「安西先生、バスケがしたいです」、「君たちは強い・・・」などなどの名セリフが魅力的なマンガでもあります。ヾ(@^▽^@)ノ

なんて、書いてたらまた読みたくなってきました。(°∀°)b